株式会社 南総カントリークラブ「今日のプレーが最良の物になるように、明日のプレーがさらに良い物になるように」

サー
ビス
私たちの会社を紹介します。

Q&A

何という名前の会社ですか?
株式会社南総カントリークラブです。
何をしている会社ですか?
ゴルフコースの経営、運営をしています。

会社紹介





代表インタビュー

株式会社 南総カントリークラブ 代表取締役 天田 智行

南総カントリークラブは全員が一致団結し、全てのお客様に過ごし易い空間の提供をしようとしている、とても素晴らしい自慢の出来るゴルフ場です。

Q&A

お仕事への想いなどお聞かせください?
各部署、各従業員が各自の仕事のプロフェッショナルです。
その皆がコミュニケーションを取り合い、日々の業務を遂行しています。
毎日大勢のお客様が来場し、全てのお客様にご満足頂けるよう従業員が努めているのがわかります。
従業員の一人が稀にミスをした場合も、皆でフォローしお客様には丁寧に対応、全てのお客様にご満足いただけるゴルフ場であると思っています。
貴社のアピールをお願いします。
市原市はゴルフ場が33コースと日本一多く、市とゴルフ場が連携をとり様々な行事も行っています。
南総カントリークラブでも「小学生ゴルフ体験会」や、緑が豊富なコースを歩く「ノルディックウォーキング大会」、「高校生ゴルフ場職場体験」などを実施し、地元の皆様に身近に感じられるゴルフ場となれればと考えております。
そして、来場されたお客様全員に「また南総でプレーしたいよ」と思って頂けるよう日々頑張って参ります。

南総カントリークラブの先輩にインタビュー

秋元 恭樹さん

プロフィール

秋元 恭樹さん
所属:コース管理部 ゴルフコースの管理
出身高校:千葉県立鶴舞桜が丘高等学校(現:千葉県立市原高等学校)
勤続年数:7カ月
性格:冷静沈着
趣味:スポーツ

Q&A

入社して良かった事、学んだ事は?
学校で緑地や芝の管理を学んでいたので、その経験を活かせると思い入社しました。
入社当初は人付き合いが心配でしたが、先輩や同僚の方がとても優しくしてくれたので安心しました。 芝刈りを終えて綺麗になったグリーンを見たときに仕事のやりがいを感じました。
社長ってどんなひとですか?
社員一人一人を気遣ってくれる、優しい笑顔の絶えない方です。

鶴岡 美咲さん

プロフィール

鶴岡 美咲さん
所属:レストラン部ホール ウエイトレス、接客
勤続年数:1年
出身高校:千葉県立市原高等学校
趣味:身体を動かす事
性格:常に笑顔

Q&A

入社して良かったこと・学んだことなどお願いします。
学生の頃から接客業に興味があり、人と接する事が好きなので入社しました。
レストラン勤務で沢山のお客様と接しゴルフの楽しさが少しずつわかるようになりました。
そして、まわりのスタッフに助けていただきながら和気あいあいと切磋琢磨しながら頑張っています。
社長って、どんな人ですか?
すごく温厚な優しい方です。

濱野 楓さん

プロフィール

濱野 楓さん
所属:コース運営部 キャディ業務
出身高校:千葉県立市原高等学校
勤続年数:7ヶ月
性格:ポジティブ!!!
趣味:睡眠!、テレビ音楽鑑賞

Q&A

入社して良かったこと・学んだことは?
入社した一番の理由は、お客様と直接お話しが出来るという仕事内容、環境に自分が就きたかったという事です。
たくさんのお客様と接することでゴルフの事はもちろん、世の中の様々なことを教えていただけます。 これからも明るく元気に仕事をしていこうと思います。
社長って、どんな人ですか?
とても優しく、気さくな方です。

田中 里奈さん

プロフィール

田中 里奈さん
所属:フロント 受付・接客
勤続年数:7ヵ月
出身高校:千葉県立市原八幡高等学校
趣味:バスケットボール、バドミントン、油画

Q&A

入社して良かったこと・学んだことは?
入社して良かったことは社会のマナーが身につくことです。
正しい敬語で話したり、電話での対応ができるようになりました。 また、会員のお客様に名前を憶えて頂けたり、帰りの時にその日のスコアについてお話しできた時がとてもうれしくやりがいを感じます。
社長って、どんな人ですか?
あまり話す機会はありませんが、穏やかな方です。


<田中さん画 南総カントリークラブ クラブハウス>

企業情報

会社名 株式会社 南総カントリークラブ
所在地 〒290-0243 千葉県市原市上高根1683-1
TEL TEL.0436-95-1816 FAX.0436-95-3885
HP http://www.nanso-cc.com/
設立 1977年10月1日
従業員数 140名
事業内容 ゴルフ場経営、運営

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事